2007年04月04日

さくらを見に

ちょっと実家に帰っている間、松江城とその近くの千手院というお寺でさくらを見てきました。
千手院はしだれ桜が有名らしかったのですが、その前の日の大風&大雨で少々散っていました。

千手院から松江市内を見たところ。
千手院から松江市内

千手院のしだれ桜
しだれ桜

松江城は八部咲きといったところ。
結構人出もありました(こんなに人の多い松江城を見たことがなかった;)。

松江城とさくら。携帯から
松江城とさくら

松江城のさくら。
松江城のさくら

松江城では「お城祭り」も開催されていて、こんな人もいました;牛車なのですが人間が引いているので人力車です。

牛車

これ、私であります;;似顔絵は、以前似顔絵イラストメーカーで作ったものです。いかがでしょ(恥)

と、さくらをたくさん見てご機嫌でしたが、どういうわけかこの後高熱を出すことになります。。。
この日は黄砂が多くてちょっとかすみ気味。

おまけ。
うちのネコのもみもみです。

070329_1315~0004.jpg必死

070329_1315~0003.jpg何か?
posted by いもちょも at 10:21| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

9連休

9連休疲れ果てるほど遊び、今日帰ってきました。
9日も留守にしているとなんとなく家が空々しい。

簡単にこんな日程で、地理の細かい説明は省きました。

4月29日
国道9号線で帰省。片道12時間かかる。
途中鳥取で砂丘や白兎神社、赤崎に寄る
疲労困憊

4月30日
昼ごろそばを食べにでかけ、そのまま日御碕へ。
灯台まで肝だめしドライブ^^;
途中出雲阿国の墓、稲佐の浜などを横目で見る。
帰り、新しくなった斐川町の図書館に寄る。

5月1日
家の近所をサイクリングする予定だったが、自転車動かず。
結局車で動く。
出雲郷の阿太加夜神社、揖屋の揖屋神社(2つとも結構立派)をまわり、安来と米子の間のcafeでお茶。

5月2日
石見銀山に行く予定だったが天気が思わしくなく、延期。
午後、鹿島の佐陀神社(すごい神社だった)、鹿島原発の資料館に行く。
夜旧友に会う。

5月3日
昼ごろから石見銀山に出かけ、ハイキングも楽しむ。
予想以上に人が多かった(世界遺産効果?)。
帰り多伎の道の駅で夕日を眺める。

5月4日
前日の疲れもとれぬうち、5時におきて7時半美保関発の
超高速船レインボーに乗り込む。隠岐へ。
その際美保関の港の駐車場(もちろん無料)で車が脱輪。
致し方なくそのまま出発する。
この日はレンタカーを借りて島後を結局一周。
牛つきをみる。

5月5日
朝もう少し島後を見た後、船で島前に移動、国賀などを見る。
絶景。
遊覧船に乗ったのだが波が高くてあまり行けなかった。
昼ごはんで大いに困る。
最終のフェリーで本土へ。
脱輪した車を引き上げるためのやりとりを船の中で済ましたが、事故届で着てくれた美保関の駐在さんが隠岐汽船の人と協力して引き上げてくれた!
感涙(T_T)

5月6日
天気が悪いので家で過ごす。
そのうち暇になったのでダイソー(超大)やリサイクルショップに行く。

5月7日
高速で戻ってくる。
途中、ハンドブレーキを上げたまま走っていたのに気づき変な汗をかく。

天気に恵まれたおかげで楽しい連休でした(遊びすぎ)。
明日から仕事なんて(T_T)
境港にはいけませんでしたが、島後から島前に行くときのフェリーが鬼太郎フェリーだったです。

また旅行記かけたらと思いますが、忘れる前にメモを残しておこう^^;
posted by いもちょも at 22:44| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

ご当地の噂

ご当地の噂というサイト。なかなかおもしろい。

ここから島根の噂

1.確かに
2.そうかな?
3.え、そうだったの?

に分類してみました。



続きを読む
posted by いもちょも at 09:48| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

通じなかったコトバ

方言と思ってもなく、普通に発したら通じなかった言葉。

とどる

例文:コーヒーの砂糖がとどった。

沈殿するの意。

じゃあ、標準語ではこういうときどういうんですかー。
沈殿するじゃ、かたいよね。

島根は標準語しゃべってると思っていたのですが(これも大きな間違いですが)
案外こういうのあります。

アクセントに関するものもあるのですが、また。
posted by いもちょも at 22:27| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

京都へ

京都へ帰る日です。

こちらへ来るときも大阪発でしたが、
京都に戻るときも大阪着、観光バスで「トイレなし」です。

帰省ラッシュのピークということで、
「いつ大阪に着けるか読めません」
なんて恐ろしいこと言ってました。

松江駅でいろいろ荷物をもたされバスに乗り込みました。

ばいばい、またね(;_;
この瞬間、何回あっても慣れません(;_;

高速にのり、大山が見えてきました。頂上は雪がいっぱい。雲がかかって
います。

大阪に着いたのは8時くらいでした。
5時間半くらいかかったことになります。
三田から宝塚に1時間くらいかかりました。

大阪から京都に走る電車の中は、松江から出雲大社に向かう元日の一畑電鉄より
混雑していました。

京都に戻ってもあまりホッとしないです。
いつか、ホッとできるようになるかな。

途中、トイレに行きたくて仕方なくなりましたが、何とか次の休憩所まで
我慢できました。

来年は、チェーンをまいてくるまで帰るか、はたまたトイレつきに座れるよう
早めに予約をするか。

考えよう。
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

2006年二日目

私の家では、一日目と二日目とお雑煮が違います。

一日目はあずきの雑煮。いわゆるぜんざいです。
ありがたみが、違います。

二日目、三日目はしょうゆ雑煮です。
しょうゆ味のおすましに、もちのりをのせていただきます。
一日目のお雑煮と違い、甘くありません。



(このころ、デジカメの電池が切れてしまい、母が新しく持った携帯電話の
カメラで撮影。)

あっさりしています。

あ、ちなみにもちは丸餅。

よくよく考えたら、あんまり彩りよくないよなあ、うちのお雑煮。

まあ、いいか。

2日、そろそろ早いところでは店を開け始めます。
米子の高島屋の初売りに行ってきました。
何も買いませんでしたが。結構にぎわっていました。
免許はあるので、便利です。

帰り、洗車をしてあげることにしました。コイン洗車100円。
車に乗ってみていると、怖かったです(;_;

posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

初詣

お雑煮を食べてひとしきりうだうだした後、初詣に行くことにしました。

去年は「熊野神社」(「熊野大社」ではありません)に行ってきましたが、
今年は天気がいいこともあり、この辺りの人出随一(予想は60万人)を誇る、
出雲大社に行くことにしました。
いわずと知れた縁結びの神様ですが、結婚前のカップルで行くと、女の神様が
ヤキモチを焼いて別れてしまうとか?
(私そんなことありませんでしたっていう方、ご報告お願い致します)

そろそろ準備を・・というとき、ニューイヤー駅伝に写っていた観客の女の子を
見てインスパイアされた母が、

「あんたも着物きてみーかね?ウールのアンサンブルだったらあーよ。」

と言ってきましたので、着せてもらうことにしました。

そこから1時間。(ド)素人着付けを何とか終え、やっとのことで出発。

駅まで送ってもらい、年末にも行った「松江しんじ湖温泉駅」から一畑電鉄、
ごとごと揺られること1時間くらい。
「出雲大社前」に着きました。

おお、すごい人。

参道をてくてく歩くと、今日の目標その一、

旅館「竹野屋」発見。

写真を撮りましたが、行きかう人々に
なにしちょーだーか?みたいな目を向けられました。

え、「竹野屋」ご存知でない?
山下達郎夫人のご実家でございます。
この辺りでは大きめ・立派目の旅館でした(お嬢様なのね)。
写真はのせんときます。一番大社よりの旅館なのですぐに見つけられると
思います。

そのまま人の波に逆らわず歩くこと数分、拝殿到着。
さらに歩いて本殿へ。

お祈りをして、お神酒をよばれて、周りのお社をぐるっと回って、元に
戻り、おみくじを引きました。

おみくじ・・特筆すべきことはなかったですが、神様を信じなさいということが
書いてありました。

○吉だとかが明記されていないこと、そして50円なのはすごいと思いました。
(こういうときだけ値上げするところも多いのにね^^;)

それにしてもやっぱり出雲大社は伊達じゃありません。
立派です。神々しい。ちょっとさびれた具合もよいです。





大社はこの前まで大社町でしたが今は出雲市になりました。

出雲大社は、大国主の命が神様です。大黒様。
大国主、いなばのしろうさぎ神話で、うさぎを助けた神様です。
♪おおきなふくろをかたにかけぇ〜

そして、陰暦10月、世間では神無月なのですが、出雲大社に全国の神様が集まる
ので、こちらでは神在月といいます。
(高校のとき、学校内の試験は「神在月」OKでしたが、全国の模試とかではかかん
でね、などと言われておりました^^;)

るんるん気分で一畑の駅に向かい、松江温泉駅に向かう電車は、おそらく年で
一番賑わっていたのでしょう。

なお、予め大社に行くことが決まっている人は、初詣特別切符なるものが売っていて
多分少し安く行くことができるのではないかと思いますので、お買い求めください。
前売りしかありませんので〜(←買えんかった人;)

その日の晩は、またこられた客人と、日付が変わるころくらいまでべらべらしゃべって
酒を飲んでいました。

酒ばっかり飲んでいる。続きを読む
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お雑煮

こちら我が家のお雑煮です。



こちら我が家では、正月1日目、あずきの入った雑煮を食べます。

言ってしまえばぜんざいです。

これが普通と思っていましたが、そうでないことを、関西に来て初めて知りました。

甘めなのでたくあんと一緒に食べます。
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

大つごもり

おおみそか。

昨晩から来られていたお客人がお帰りになりました。

昼ごろお使いを頼まれ、趣味と実益を兼ねて、車で出かけてきました。
ちかくまで。

スーパーに行くと、人が多かったです。

お昼のMスバーガーをテイクアウトして帰りました。

お昼、漫才番組を見てげらげら笑っていたら晩になりレコード大賞などが
始まる時間になりました。

ところで、おおみそかの晩、何を召し上がります?

こちらでは、
赤貝の煮たのを食べます。

赤貝を食べると、帰って来たな、と感じます。
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

ネコ

昨年の末は、とにかく外に出かけていましたが、今度の年末は
ひたすら家でぐーたらしていました。

くっちゃね、くっちゃね。

太っただろうか(心配;)。

家で何をしていたかといいますと、

ネコを追っかけまわしていました。うちに1匹残る、ネコ。

呼び名は、ももちゃん


本名はモモンガです。

タヌキではありません、ネコです。多分。

知らない人が来るとこんなふうに



テーブルの下にいますが、テーブルクロスをピラッとあげると

はーっ

と威嚇してきますもうやだ〜(悲しい顔)

知らない人が来ると気配を消します。

用事があるときだけみゃんみゃん鳴いて、その他は無視です。

でもおもしろいのでついかまってしまいます。
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

松江観光

腹もいっぱいになったところで、松江観光を。

とはいえ、去年松江に来た時にだいぶまわった(コタツ舟で堀川めぐりやら、
その周辺、小泉八雲記念館やら、塩見繩手の辺り、武家屋敷などなど)から、
あんまり残ってないのです;

とりあえず、そばやさんから少し歩いて一畑電鉄松江温泉駅にある足湯場で足湯を
してきました。
「松江しんじ湖温泉駅」周辺は、「松江温泉」といって、温泉が沸いています。

足をぽちゃんとつけて、ぬくぬく。
最初あつっと思ったのだけど、それほど私の足が冷たかったということでしょう。
すぐに慣れてしまいました。

ぬくぬくぬくぬくぬくぬく・・・
ぽかぽかわーい(嬉しい顔)

足も温かくなったところで、てくてく歩き、「末次神社」というところに
寄りました。「須衛都久神社」という漢字も当たっていました。
とても大きい神社というわけではありませんが、決して小さいというわけでもなく、
町にあるちょっとした神社という感じ。

「初詣」
というのぼりのあがっているところで「今年どうもありがとうございました」と
お礼を言うのも気が引けましたが、神様の前でうそはつけません^^;

ときに、この辺りの神社、「大社造」が多いです。
時代的にも多分古いものが多いんじゃないかと思いますが、大社さんのお膝元だから
でしょうか?



松江は、江戸時代松平が治めていた町で、それなりに歴史のありそうな建造物も
多いです。
ちょっと有名どころは確かに松江城とその近辺なのですが、ちょっとした路地
なんかに入ったら町屋風の建物が建っていたり・・。
歴史ありそうな和菓子屋さんやお酒やさん、茶舗なんかもあって、結構きれいです。
一通り観光を終えてしまった方、路地のあたりに入ってみるのもおすすめかも。

でまあ、てくてく駅のほうに歩いて、一畑百貨店なんかに寄って、家に帰りました。

その日の晩は、酒盛りでしたたらーっ(汗)
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そばを食べに

松江駅に着いたら昼過ぎ。
おなかがすいてきたのでそばを食べに行くことにしました。

やっぱりそばはこちらがおいしいのです。

しかし松江駅のあたりは特に何かあるわけでなく(田舎の特徴)、少し
市内に向かわなければなりません。

「島根県共通バスカード」という太っ腹なカードをすったもんだの末購入し、
100円バスで行くことにしました。

島根県庁の裏手辺りでバスを降り、目当てのそばやを探すと、少し路地を
入ったところにありました。

「十一軒」

(そばやを探す方、下を見てみてください。
http://www.city.matsue.shimane.jp/kankou/izumo_soba/index.htm

頭はそばでいっぱい。そばそばそば・・。

がらがらがら・・とはいると、片付けられていない器。
私たちが入ったからといって注文を取りにくるでも、テーブルを拭きにくるでも
ない。

どういうことだ・・がく〜(落胆した顔)

どうやら、ほぼおばあさんひとりでしている店のようで、助けている?おじ(い)さんは
出前か何かに行ってしまった様子。
また出てそばや探すのもしんどいし、結局そこでしばらく待っていました。

するとおばあさん厨房から、
「なににされー?」

いきなり注文;

メニューを開いていろいろ考えた末、
割りごそばと、山かけそば(温)を頼むことに。

「すみませーん」

・・・・し〜ん。

そばを食いたい一心で、厨房のところにかかっている暖簾をあげ、

「すみません、割りごそばと山かけそばください」

「山かけそばと、・・おやこどん?」

もうやだ〜(悲しい顔)そ・ば・が・食いたいの。

「山かけそばと、割りご、です。」

「はーい。」

なんなんだ、この店は;

ーしばらく後、またおばあさん登場。

「そちらさんはぁ、山かけそばとカツどん大盛だったかいねえ?」

もうやだ〜(悲しい顔)そばだってばあ。
「山かけそばと、わりごです、わりご(T_T)」

「わりごだったかいね(笑)」

「は、ははったらーっ(汗)

おばあちゃん、そば作りたくない、もしかしてえ?(T_T)

ブツが出てくるまでひやひやものでしたが、ちゃんと、山かけそばと
わりごそばが出てきました。

さて、お味は、といえば、とてもおいしかったです。
しっかりした麺に、甘辛いつゆ。
好き嫌いはあるかもしれないけれど、私は好きです。おいしかった。
わーい(嬉しい顔) 満足。

おばあちゃん、いつまでも元気でがんばってね^^;
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松江へ

29日、松江へ向かいました。

京都から松江・出雲市行きバスもあるのですが、私が行動をおこした時には
すでに満席だったので、今回は大阪からの便を利用しました。
朝8時30分発の高速バス。
臨時便ということで観光バス利用のため、トイレなし。
普通車内のトイレなどそう使わないけれど、「ない」といわれたらどきどきします。

ここのところずっと大雪だったといっていたので、バスがどうなるか不安でしたが、
発車。

朝早かったこともあり、休憩その1(安富PA)までぐーぐー寝ていました。

ぐーぐー寝ていたのでよくわかりませんでしたが(^^;)順調に進んでいるようでした。

安富PAでトイレ休憩を済ませた後、点呼され、出発、というとき、
備え付けのモニターがぶぃ〜〜んと降りてきました。
「観光バスだから」どうやらこういう暇つぶしグッズがあるらしく、そのうち
ビデオが始まりました。
SHV
・・・謎だ。

何が始まるんだろう・・?

「釣りバカ日誌」

・・・何もいうまい。

結局後半は「釣りバカ日誌」に釘付けになり;、寝られませんでした。

心配した雪は、道路にはなかったようで、安心しました。

ただ、途中休憩所2の蒜山(ひるぜん)のあたりは、相当積もっていました。
私の身長より高く積もってましたもん。

島根県に行くには中国道から米子道に入るのですが、その米子道がやはりすごい
雪でした。
まー、通るところが山だから;
高速道路から見下ろす人家のあたりも真っ白でした。

そのうち雪も減ったなーと思ったら、町に出て、私の母校Y高校;を横目で見ながら
しばらく行くと、松江です。

松江入り。

予定より少し早い到着でした。

心配していた天気もよく、さほど寒くもありませんでした。

そばくいに行くぞ。
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

津和野へ

台風直撃をさけ、台風後の津和野に一抹の不安を抱きながら
西へ、西へ。
地図を見ていただいたらお分かりになると思いますが、島根県は
東西に長い!
安来から津和野まで国道9号線で230km(海岸線だと1028kmだそうです)。
京都-島根間がおよそ300kmなので、その長さが知れるでしょう。

出発の日、午前中はまだ大荒れでした。
昼頃まで待ったのですが、「大丈夫かいな?」という天気のまま。
結局出発することに。

当初、汽車(笑ふなかれ)で行く予定だったのですが、親に車が
早いわ。といわれ、とはいえ高速道路も通ってないので(^^;)、
上に出た9号線に沿ってひたすら走ることに。

しかし、その9号線。
山越えの連続。アップダウンにカーブ。対向車線はでかいトラック。
こわい〜〜。ひえ〜〜。冷や汗だらだらの運転。
アップダウン、特に下り坂がこんなにこわいなんて知りませんでした。

山があったと思ったら浜田辺りでは日本海沿いを走ったり。
島根って、本当に自然たっぷり(;)だなあ、と思った次第でした。

そんなこんなでまあ何とか無事に予定通り5時半くらいに宿に入ることが
できました。

夜に散歩したときの写真。



posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

ただいま帰省中

遅い夏休みでただいま帰省中です。
今回、初めて!マイカーで高速を走って帰ってきました。
(合流が怖いのです)

本当は今日から津和野・萩への旅行をする予定だったのですが
(これも車)台風14号のため明日出発に変更しました。
宿もどうなるかと思ったけれど、快く変更に応じてくれました。
ほ。

昨日は午後からのんきにも美保関に行ってきました。
隕石の落ちたところです。



大雨。
「いかやきやさんしまっちょうね」
なんてのんきなこと言ってたら、あとで帰ってニュースをみたら
どうやらそのあたり床上浸水をしていたみたいです。
すみません、のんきなこと言ってて。(しかも県外ナンバーの
若葉マーク^^;)

美保関、景色いいと思います。
晴れてれば。

↓景色のいいはずの美保関です。晴れてれば隠岐だって見えるはずです。


↓美保関灯台。
posted by いもちょも at 09:34| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

お休み終わり。京都へ

ということで、月並みですが、長いようで短かったGWも終わり。
京都へ帰る日が。

あ〜〜またあのごみごみしたうるさい京都に帰るのか・・。
と正直悲しい思い。

ううう、さみしい。

高速バスは18時頃発だったので、松江駅でちょっと早い夕食をとり、
バスを待ちました。

それにしても、着いたら11時頃でしょ。遅れたら電車あるかなーと
心配もしていたのですが、どうやらそれほど渋滞もひどくはなく、
すみました。むしろ早く着いたくらい。

それでも電車が30分に1本しかない時間帯なので、家に着く時間は
遅かったですが・・。

帰省して帰ってきたらしばらく現実に戻れず、世間の速さについて
いけない日々が続きます。

まあ、常に島根にいたらそれはそれでいやなのだろうな、と思い直し、
京都での生活を営むのでありました。
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

出雲そばを食べに

快晴。

この日は、出雲そばを食べに、斐川町の辺りまで行きました。
もともとうどんやさんの「たまき」がそばやさんを出したとこです。

故郷の方にいるときはぜんぜん気づかなかったのですが、出雲そば
おいしいですね。関西に来て、同じようにそばを注文するのですが、
おいしいと思ったことがありません。
かといってうどんがおいしいとも思いませんが
(しょうゆ好きなので・・)。

ので、帰省した時は必ずそばを食べるようにしています。

いつもそのそばやに連れて行かれるのですが、同じようなGW帰省客
が多かったです。もう2時になるのに、全く人がひきませんでした。

みんな考えることは同じなのでしょうか?

この日も行きかえり運転しました。
またもや渋滞を起こしてしまいました。
みんな、制限速度守ろうよ(^^ゞ
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

ドライブ

快晴。

この日は特に何も予定がなかったのですが、
ドライブがてら、米子の「本の学校」に行くことにしました。

今井書店です。

もちろん運転は、私。隣は母。

国道9号線をひたすら東へ。

しかし9号線はみな飛ばす。50kmなんて誰も守ってません。
何回か左によけたとき、どれほどだんごになっていたかわかりました^^;

島根県東部で渋滞に合った方、原因は私かも知れません。
すみません。
左によけたとき、みんなこっちを見ていくんです。

初心者です、私は。初心者どころか、免許とって1週間も経ってません。

この日は行き帰り運転させていただきました。

しかし、道もわからず言われたとおり走っているだけなので、全く自分で
運転しているような気にならないんですよねー。
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

いざ、大根島へ

この前日、実は父のお友達とやらが家に泊まりに来ていらして、その
お友達をお宅の近くまで父がお送りするついでに私たちも遊びに出かけ
ました。

そのお友達のお宅は、山佐といって、先の市町村合併で今は安来市に
なってしまいましたが、もともとは能義郡広瀬町に属していました。

どうせならその近くがよかろうということで、こちらは、「月山富田城
跡」に行くことに。

尼子の城だったところです。

大昔、自転車遠足で行った記憶があったので、おそらくだいたいは車で行ける
はずと思っていましたが、記憶違いか?ほとんど車では行けず、結局元に戻って
歩く破目に。あ〜〜。

てくてくと歩き、結局山頂まで行きました。

↓月山から見た安来市です
月山から見た安来市

ものすごいタンポポ。さすが山です。
タンポポおおきい

その後父と合流し、一度家で昼食をとってから再度出かけることに。

今度こそ、大根島へ。大根島へは牡丹を見に行ったのですが、この牡丹こそが島根の
県花です。
大根島に行くと、そこここに牡丹園が。入場が無料のところがほとんどだったのですが、
ここはやはり有料の「由志園」へ。ほかの牡丹園はどちらかというと即売をしているところ
なのですが、ここは見せる方を売りにしているとのことなので、値段が高くなければ、
と値段表を見て決めることにしました。

入場料600円。 なーんだ。有料といっても知れている。

由志園、牡丹もよかったのですが、ほかの花。
フジ、ツツジ、などもあちこちで咲いていてきれいでした。庭もよかったです。

牡丹

ひとしきり見たところ、車に戻り、今度は境港水木しげるロードを目指しました。
ご存知「ゲゲゲの鬼太郎」、「のんのんばあとおれ」などの作者は、境港出身。

昔は境港っていえば、「魚市場」のイメージしかなかったのですが、水木しげる
ロード、さらにその終点の「水木しげる記念館」ができてからは結構観光客が
来ているみたいです。
米子駅から境港駅まで行く鬼太郎列車なんてものもあったり。

水木しげるロードのサイドにはゲゲゲの鬼太郎なんかのブロンズ像が並んでます。
やはり人気は、有名どころ「鬼太郎」「ねずみ男」「ねこ娘」「いったんもめん」
などですが、あーこんなんおったなーなどいいながら結構楽しめます。
個人的には、「目玉の親父」の街灯が好きです・・^^;

ふむふむ。なかなか楽しかった。

車に戻ると、運転席をかわっていただき、なんと私が運転することに。
いきなり赤信号で交差点曲がろうとして叱られたり、カーブで妙に減速しすぎで
「ハンドリングの練習だー」などと大根島の周囲を周らせられたり(ちなみに父は
2種免許保持者)、妙に疲れましたが、ま、なんとか無事故で家までたどり着き
ました。

隣の父もひやひやしていたみたいです。
私は結構楽しかったのですが?

罰として、ネコのトイレ掃除を命ぜられました。
何の罰??

その日の夕食は、私の運転について父と母が妙に盛り上がっていました。

そ、そんなおびえなくても・・。
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

初めて公道を走る

前日宍道湖の夕日を見に行くも、雲で隠れていたのだが、
夕日が見えない次の日はやはり雨であった。
それも大雨。

家でごろごろしていたのだが、TVもつまらない。
(なんせ民放3つ)
ということで、親のつきそいで買い物に行くことに。

いつもなら親の車の後部座席などに乗り込むだけであるが、
この日は初めて運転させていただいた。

車で10分くらいの距離であったが、雨である。初めて
補助ブレーキのない車に乗る。

緊張。

「任意保険にあんた入っちょらんけんね。もしなんかあったら
人生おわりだよ」

余計緊張。

実はこの日ホームセンターで初心者マークを購入するまで若葉マークは
もっていなかったので、片道法令違反を犯していたわけであるが、
帰り道は若葉マークを親の車にぺたりと張り、晴れて初心者デビューを
果たした。

家に着くと疲れてへたっていたが、隣に座っていた親もいたく緊張し
疲れてしまっていたらしい。

しかしやはり田舎に帰ると車は必須である。
posted by いもちょも at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。